ネズミ駆除の方法・天井裏に住み着いた場合

ネズミ駆除の方法・天井裏に住み着いた場合

ネズミが住み着くと天井裏など巣を作り繁殖していきます。電源コードかじられると火事の原因となりますし、病原菌を媒介する存在ですので、害獣であると言えます。そこで、健康的な生活を送るためにも、自分でネズミを苦情する方法を以下に考察してみます。業者への依頼も触れていきます。

天井裏にいるらしいネズミで困る現象とは

日本の家屋は一年を通して快適で、水や食料に困らないためにネズミが住みついてしまうケースが多くあります。主にハツカネズミ、ドブネズミが主体となっており、繁殖力が高いため増え続ける特性があります。巣を作っていることが分かる兆候は、フンが見つかったり、家具や電気コードがかじられていることから分かります。ネズミや夜行性ですので、天井裏などに住み着いたケースでは走り回る音がうるさいくらいに暴れますので大変気になります。また、住人が寝静まると台所などに出現し悪さをします。フン害や病原菌の媒体となりますので、健康的な生活を妨げる存在です。

ネズミ駆除の具体的な道具ややり方とは

主に捕獲する方法、薬を用いて殺処分する方法に分けることができます。捕獲タイプは、ネズミ取りや粘着式のタイプを利用することができます。その後の処分に困る場合があり、個人で対処するには好まれないやり方です。粘着式のタイプは、捕獲後そのまま生ゴミとして廃棄することが可能ですが、気持ち悪いことには変わりありません。薬を用いる方法は、毒エサなどを仕掛ける方法が代表的ですが、ペットや小さなお子さんがいる家庭でへ誤飲の可能がありますので注意が必要です。また、ネズミは学習能力が高いので、毒エサの存在を知ると食べないことがあります。そこで、毒なしエサで慣らしてから毒エサを適用する方法が効果的です。

害獣除去の専門業者に依頼する場合

巣を作っている状態では、個人レベルで対応するのは難くなります。捕獲してもせいぜい12匹であり一網打尽というわけにはいかないからです。ネズミは警戒心が高く仲間が捕まった罠には、繰り返しかかることは少ないと考えられます。学習効果が高く賢いため、人間の思惑通りにはいかないことが多いと言えます。繁殖力も高いので、放置しているとどんどん増えてしまいます。一刻を争うという状況では、ネズミ駆除専門の業者の利用を検討してみましょう。しっかり見積もりを出してくれる信頼できる業者を選ぶことを推奨します。作業の内訳を明確に教えてくれる業者は、信頼できると考えられるからです。

まとめ

ネズミが天井裏に住み着くと、騒がしかったり、衛生上よろしくありません。ネズミ駆除の方法には、捕獲する方法と殺処分する方法があることを見ていきました。いずれもメリット・デメリットがあり、本格的な駆除には専門業者の利用を検討する必要もあります。

比較ページへのリンク画像